Blog

麻とはどんな繊維ですか

サイザル麻. 原料植物:サイザルアサ(キジカクシ科) おもな生産地:フィリピン、ブラジル、ケニアなどアフリカ用途:ロープ、ひも、 原料植物:マニラアサ(バショウ科) ココヤシの実(ココナッツ)の果皮からとり出した繊維です。 麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される  衣類によく使われる繊維の種類を衣類のプロが解説. 繊維の種類. 植物繊維. 植物繊維 (綿・麻). 動物繊維 (絹・羊毛・アルパカ・アンゴラ・カシミヤ・モヘア) 綿の品質は産地や品種により異なっており、もっとも重要な品質は繊維長です。 繊維長が長いほど  2018年4月3日 身近な素材です。 今お手持ちのリネン・麻のアイテムがいくつかあるかもしれませんが、 いったいどんな特徴がるのかを詳しく調べてみました。 リネンは60cm程の小さな植物の茎から採取した繊維で織った布です。 そのため、麻の方が  2016年1月29日 どちらも綿よりも丈夫で古くから使われてきた植物ですが、意外な違いもありました。 リネンとヘンプ、原料植物の違い. リネンは亜麻科の亜麻から、ヘンプは麻科の大麻から繊維がとられます。亜麻は60cmくらいの植物なのに対し、大麻は人の  総合ファッションアパレル企業「ワールド(WORLD)」の商品と素材の基礎知識(素材の知識)です。

プレミアムダイは全色1袋で250gの繊維が染まります。 (250gの繊維…Tシャツ約2枚分です。) ダイロン 染料の必要数. Q, 染料や塩、お湯を2倍にしたら染める時間も2倍になるのですか? A 塩を使うと書いてあるのですが、どんな塩がいいのですか? A 

2017年8月6日 ポリエステルはプラスチックとしての利用も盛んで、エステル基をもつものに対して使われる名称ですが、繊維としてよく使われる種類は数種類 ポリエステル繊維は、化学繊維としてはアクリルと並んで最も使用量・生産量の多い繊維です。 このため、繊維によってどのくらいを水分量として見るか繊維ごとに定められています。 【植物系再生繊維】自然に存在する繊維の素やたんぱく質などの高分子物質を溶かして、繊維に再生したものです。 オックスフォートとは: オックスフォードは生地の織り方の名前ですが、名前を聞いたことがあっても、それがどんな特徴があるのか、どんな織り方  2015年7月12日 では、その素材にどんな特徴があるか把握していますか? 綿は肌触りが良いですが、体が濡れる事を避けたい登山では不向きな素材です。 カタカナ名にひょっとしたら合成繊維かと勘違いしてしまいそうですが、植物由来の繊維です。

2018年3月31日 麻とは「バラ目・アサ科・アサ属」の植物の事であり、「イラクサ目・イラクサ科・カラムシ属」という植物など、他の植物も含め 麻とリネンは繊維の違いでしたが、ヘンプの場合は麻とどんな違いがあるのでしょうか? ヘンプとはどんな繊維の事?

どんな糸を使っているかで着物自体の格、価値が違いますし、また紬糸の原料である真綿はあくまでも絹であり、コットンとは全くの 紡績糸はスピーマ綿、ギザ綿、新疆綿などの長繊維を使用することが多いですが、安価な紡績糸では短繊維系の綿種を使用し  布のはしから糸をとってほぐして細い糸を取り出したのが繊維(せんい)です。 麻:8000年も前から使われている繊維です。 あなたの洋服がどんな繊維(せんい)でできているか、その繊維(せんい)にあった洗い方やアイロンの使い方などが説明してあります。 2019年5月20日 実は「麻」はリネンを含めて、植物の茎(または葉脈)からとれる繊維をまとめて呼ぶ言葉です。 ここでは、そんなリネンストールの特徴とメリット・デメリット、そしてどんな服やどんなスタイルに合わせればいいか、オススメの巻き方、さらにお  2018年1月22日 すぐにシワになってしまう植物素材を使用したリネンは変形からの元に戻ることができずにシワになりやすいです。洗濯した後に、すぐに乾かし したがって、繊維同士の摩擦でシワができたり毛羽立ちしやすいのです。 黄ばみや色移りしやすい  2017年8月3日 綿繊維との組み合わせによって、吸水性などのポリエステル繊維の欠点を緩和させることができます。 夏物衣料の素材としては、他に麻繊維があります。 麻繊維は、吸水性、即乾性があり、肌触りもよく夏物衣料としては優れた繊維です。

2017年9月24日 『ヘンプ糸のつくり方』Part3は、紡績糸です。 まず、ヘンプ100%糸の原料となる長繊維です。 どんなものか?? こんな風に、茎ごと投入すると、長繊維だけを取り出すことができる機械なんです。単純そうな機械なのですが、頻繁に 

総合ファッションアパレル企業「ワールド(WORLD)」の商品と素材の基礎知識(素材の知識)です。